イベントを読み込み中

« すべてのイベント

松本みどり✕大谷陽子「硝子で紡ぐ物語 二人展」

9月29日10月5日

PowerPoint プレゼンテーション
Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Tumblr0Share on Google+0

電気炉でガラスを焼成するキルンワークの作品を展示します。
透き通ってキラキラとした素材であるガラスが、柔らかく温かみのある姿へと変化を遂げる様子に心躍らせながら制作しました。

【松本みどり】
大学在学中にNHK京都文化センターにてキルンワークを習い始める。
その後、複数のワークショップを受講(指導講師:近岡令、神田正之、土井朋子、石川あすか)。現在はたくみ工房(講師:渡辺匡人)、Glass Studio ARGO(主催:矢作理彩子)にてキルンワークの作品を制作している。
Instagram @lemonade_glass

【大谷陽子】
子どものころ琉球ガラスとの出会いによって、ガラスに興味を持ち始める。
中学生のときに倉敷ガラスの小谷眞三氏の工房にて初めての自身の作品となるコップを制作する。
大学卒業後Glass Studio ARGO主催の矢作理彩子にキルンワークの指導を受け現在に至る。会社員作家として制作中。

詳細

開始:
9月29日
終了:
10月5日
イベントカテゴリー:
イベント タグ:

会場

ギャラリーアンフェール