イベントを読み込み中

« すべてのイベント

  • このイベントは終了しました。

写真展 百年後もここに集う。京大吉田寮

2月11日2月17日

mains
Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Tumblr0Share on Google+0

京都大学の学生寄宿舎であり、1913年に建設された日本最古の学生寮です。学生による寮の「自治」という独自の文化を持ち、また築106年という建築としての歴史的な価値もある吉田寮ですが、現在、寮生は立ち退きをめぐって京都大学と裁判中です。これが終われば、寮の存続についての「結論」が出ると思われます。本書は、吉田寮の関係者から、寮のことを記録してほしいという依頼を受けた平林克己氏が記録した写真をまとめたものです。

2019年12月に刊行された写真集『京大吉田寮』の刊行を記念して、吉田寮のある百万遍からほど近くの本屋・恵文社内ギャラリーにて、写真展を開催します。京都で100年以上にわたり、学生を見守ってきた吉田寮。その存続が不安定な状況に置かれている今、寮に関して根拠のない憶測を含む様々な情報が飛び交っています。そのような状況だからこそ、冷静に寮について知ることが、まずは大事なのではないでしょうか。どんな人たちが、どんな理由で吉田寮に暮らしているのか。「写真によるドキュメント」とも呼べる本書を手に取り、ありのままの寮の姿を少しでも知り、感じていただければ幸いです。

書籍情報
『京大吉田寮』
写真:平林克己
文:宮西建礼 岡田裕子
発行:草思社

詳細

開始:
2月11日
終了:
2月17日
イベントカテゴリー: