テンモア 2019年AW 靴下ミニフェアのお知らせ

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Tumblr0Share on Google+0

 

f:id:keibunshabooks:20200125143710p:plain

 

テンモアは、2012年に陳小爵さんと許芝瑞さんによって立ち上げられた台湾の靴下ブランド。テーマや詩に基づいて創造される靴下は1足ずつどれも個性的で、台湾の今一番熱い場所で撮影されるビジュアルも美しく目を挽きつけられます。

+10の10は、十本の足指を表して、人々が歩いている時は進み続けていてる。+10は人々の日々の暮らしにより良い日常風景を感じてもらいたいー

 

f:id:keibunshabooks:20200125143717j:plain

f:id:keibunshabooks:20200125143722j:plain

また、テンモアの靴下は一度履いたら病みつきになる履き心地と、異素材を組み合わせたり変わった織り方を採用したりして作られる、プロダクトとしての実用性も持ち合わせています。

今回2019年秋冬の新作「神話」がテーマのものを中心に、バレンタインの贈り物にもおすすめの男女兼用の靴下も合わせてご紹介いただきます。

新作より

f:id:keibunshabooks:20200125143812j:plain
「心臓の重さ3/4ソックス」は古代エジプトの神話・ラーの秤の物語より、秤がどちらかに倒れて傾斜している天秤を表現。重い時もあれば軽い時もあり、一生という時間を裁判する秤。特殊なフェザーヤーンを使用し軽やかさと心臓の温度を表現されたもの。

 

f:id:keibunshabooks:20200125143828j:plain
「大地の瞬き3/4ソックス」は靴下を三つの部位に分け、各部位で神話の中の怒り狂う木々の特徴を表現した。ニイタカアカマツの樹皮が割かれた様子、アベマキの厚くて弾力あるコルク形成層の様子、そして台湾ケヤキの皮目(ひもく)の様子も表現している。

 

f:id:keibunshabooks:20200125143851j:plain

「岩戸隠れ1:1ソックス」は簡単な配色によってダブルシリンダー縫いの特徴を全面に出した。暗闇の中、神々の盛り上がり感とストーリーと同じく、天照大神が天岩戸から隙間を開けて、世界に光をもたらした瞬間を表現している。

テンモア 2019年AW 靴下ミニフェア
2020年1月25日~2月14日(最終日は14時まで)
恵文社一乗寺店 生活館店内一角にて(星山)