第十三回 「上海バンド」さん

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Tumblr0Share on Google+0

わざわざ遠方からお越しいただくお客様のために、当店の帰りにふらりと寄 ることの出来る周辺のお店をご紹介。カフェから洋服屋、定食屋にディープなスポットまで、一乗寺ロコ(地元民)しか知らない情報を取材形式でお届けいたします。
お待たせいたしました、久々のお店探訪はスタッフも行きつけの中華総菜・ 呑処、上海バンドさんです。当店からは徒歩でも20分ほどですが、叡山電車 を使うとたったの一駅。安くてなに食べても旨い、ので取材そっちのけで呑み食いしてただけかも・・。

sbtop- とりあえず定番の質問ですが、いつ頃オープンされたんでしょうか?
( 以下、「」内は上海バンド店主、福岡さん )

「4年前、2003年の2月からですね。今はもう無い店なんですが、元々白川アジア料理店でバイトしてたんです。京都の無国籍料理では割と早い頃からやっていた草分け的存在の店なんだけど、そこでのまかないを割と自由に作らせてもらってたんです。そこでの経験は割と大きかったかな。特にどこどこで修行した、とかそういうのではなくて食べたり作ったりしながらレシピを増やしていった感じですね 」

- それでこんなにたくさんのメニューが出来るんですか!?
「そうですね、どこかで食べたものを覚えておいて応用してみたり。開店前には香港とか上海、台湾にも言って色々研究しましたね。でも、そんなコアなところを回るとかいうのでもなくて。何となく入った所で食べたものを覚えておくと、後々雑誌にレシピが載ってたりとか。向こうの店でもやっぱりハズレは多いですよ。」

- かなりの種類のメニューがありますけど、これって中華でも色々な地方の折衷形式ですよね。
「上海料理ですか?とかって訊かれることも多いんですけど、そうでもないし。四川もエスニックもいろいろ混ざってます。本当は徐々にメニューを減らしていきたいんですけどね。その時その時オススメの美味しいものを出せればいいんだけど。 」

sb9 sb3
(左)カウンター、テーブル席のほかには座敷も。中国の広告ポスターやパンダの置物など、雰囲気もたっぷり。(右)黒板に書かれた旬のメニュー。今後は定番よりも黒板メニューを増やしていきたいとのこと。

- 定番で人気のあるメニュとかってあります?
「う~ん、なんだろう。割とまんべんなく出ますね。ブタヒレと蓮根の黒酢とか、涼拌豆腐とかは結構出るかな。」

- 涼拌豆腐いつもいただいてます。美味しいですよね~。どこの料理なんです か?皮蛋豆腐とはまた違う?
「どこのっていうわけではないんだけど、拌が和えるって言う意味で、要するに冷たい豆腐の和え物。皮蛋が入ってなくてもいいんですよ。混ぜて食べられるお客さんがおられますけど、混ぜられても文句は言えない感じの料理ですね。香菜もたっぷり混ぜてます。」

- この香菜がたまらんですよね!他のメニューもそうだけどお酒がどんどん進む。紹興酒がカメに入ってるのもなんだか雰囲気があっていいですね。
「特にどこかから取り寄せてるとかって言うものでもないんですけどね。もともとこういう瓶に入ってくる。焼酎とか日本酒も置いてるんだけど、ごちゃごちゃ選んだりするのが面倒くさくて。自分が呑むなら、芋なら芋もって来い、って感じだから。」

- 紹興酒も400円とお手頃。メニュー全般かなりお手頃だから学生さんなんかが多いんじゃないですか?
「学生も多いけど上も結構幅広いですね。上をのばしていきたいんだけど。 料理をわかって食べてくれるお客様ならなお嬉しい。たまに同業者の方にお出しすることもあるんですけど、そのときはやっぱ緊張しますね。」

sb1 sb6
(左)瓶から注いでもらえる紹興酒。雰囲気満点でより美味しそうに見えます。(右)この日の黒板メニューの中から。「まつぶ貝とニンニクの芽の辛味炒め 650円」。貝とニンニクの芽の歯ごたえが絶妙です。

- あと、お店の名前の由来って?
「上海バンド(外灘)っていう地名があるんです。治外法権というかそこだけちょっとちがうんですよね。いまはちょっとおしゃれな洋館とかがあってあんまりマイナスイメージでとらえられることはないみたいだけど、そういうことは置いといて音の響きだけで付けました。」

- じゃあ、最後にメルマガ読者にメッセージを。
「う~ん、メッセージっていわれてもねえ。」

ですよね~。とにかく美味しいのでみなさん是非、と。
「じゃあそういうことにしておいてください(笑) 」

冒頭にも書きましたが、以前より何度も訪れている好きなお店だけに、取材 というよりも本気で呑み食いに夢中になってしまいました。とりあえず冷えた瓶ビールを頼み涼拌豆腐をつつきながらブラックボードに書かれた本日のおすすめをじっくりと眺め、そこから一品(この日は「まつぶ貝ニンニクの 芽炒め」)頼み、定番メニューをつまみ(水餃子や蒸し鶏など)、ビールが何本か空いたら紹興酒へ、というのが私のスタイル(どうでもいい)。ある種隠れ家的なロケーションもよくてのんびり酔える名店です。地方からのお客様も連れて行くと喜ばれるので、遠方からお越しの皆様にも是非、おすすめしたいところです。

(堀部、椹木)

sb7 ■取材時にいただいたメニューの一部
涼拌豆腐 … (小)|480円 (大)600円
四川麻婆豆腐 … (並)700円
レタス炒飯 … 700円
クラゲの酢の物 … 580円
豚ヒレと蓮根の黒酢風味 … 780円
豚耳 … 480円

 


■ ドリンク
瓶ビール(中瓶・キリンクラシックラガー) … 600円
中国ビール(小瓶・チンタオビール) … 500円
紹興酒(ストレート・ロック・ホット) … 各400円
その他 … 400円~
ソフトドリンク … 各500円

sb2

icon_sb 上海バンド
〒606-8212
京都市左京区田中里の内町26奥
TEL 075-711-4566

営業時間 18時~25時
定休日 日曜、第四月曜