第三回 「キャプテン」さん

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Tumblr0Share on Google+0

わざわざ遠方からお越しいただくお客様のために、当店の帰りにふらりと寄ることの出来る周辺のお店をご紹介。カフェから洋服屋、定食屋にディープなスポットまで、一乗寺ロコ(地元民)しか知らない情報を取材形式でお届けいたします。

大好評を頂き早くも第三回を迎えたこのコーナー、今回はまさにお隣さんであり、ベルフラール(当店が入っているマンション)仲間でもある洋服屋キャプテンさん。 THIS IS 一乗寺ワールドです。

cap10
cap12

 

 

店主 藤岡正次さん

 

- 随分古くから営業されてますけど、創業はいつ頃なんですか?
(以下、「」内はキャプテン店主、藤岡さん)

「 ちょうど6月で30周年になります。今のLOFTMAN(*1)のオーナーがもともとマンションの倉庫だったこの場所を利用して、キャプテンという屋号で始めたんです。LOFTMANを町中にオ ープンさせてからはそっちがメインになっていって、一度クローズという話も出たんですけど、歴史のある店だし、愛着もあるし、締めるのはあまりにももったいない、ということで2年前にぼくがLOFTMANを退社してこの店を譲り受けました。 」

- じゃあ、うちの店が1977年開店だから一年先輩なんですね。

「 そう、シューベルトさん(*2)はそのもっと前からあって、エルスポーツ(*3)の場所が京一会館(*4)っていう面白い映画館でね。もちろん開店当時は僕はいないけどそのころからなんというか、アングラって言うと語弊があるかもしれないけど一乗寺って独特のカルチャーがあるよね。」

- この場所には思い入れがありますか?

「 やっぱり左京区が好きだし、そのなかでも百万遍とかと比べても一乗寺は独特。ゆったりとした独自の空気感はあるし、町中の商売っぽさを出している店には出来ないことがここでは出来る。学生から50代くらいまで色んなお客さんが来るしね。それぞれゆっくり話して行かれるのが楽しいし、そこから色んな情報をえる事が多い。服の話よりも世間話の方が多いくらい。」

cap6 cap1
(左)シャツを物色。「給料が出たら買います」
(右)見た目もかっこいいミシン。実はひゃくまんえん...

- セレクトや仕入れは全てお一人で?

「 そう、全部自分が見たもの気に入ったものを実際に仕入れに行ってます。 自分の脚で探したものを自分で売る。 だから完全な個人商店だし、一度セレクトを気に入ってもらえれば大体そのテイストから外れる事もないし。リペアとか丈上げもやるんだけどそれも全部自分で。この店やるまではミシンなんか触った事もなかったけどやっぱりジーンズ売るならこれが出来ないと駄目だし。」

- すごいミシンですね、これ。

「100万円するのこれ。もちろん自分で買った訳じゃないんだけど。ジーンズをリペアする時にこれじゃないと出来ない、ステッチ部分が波打つような仕上がりになります。50年代のヴィン テージで何台ものミシンを集めて作られたもの。男はこういうのにこだわるんだよ~。」

- そうですね、店の随所に男っぽいこだわりが。今かかってるのはニール・ヤ ングですか?

「 うん、やっぱり70年代のロックが好きで。壁に貼ってるのもニール・ヤン グのポートレイト。マーシャル(*5) とかフランク・ザッパ(*6)のTシャツもあります。男っぽいとはいってもサイズは色々あるからメンズのデザイ ンが好きな女性の方でも大丈夫なものもたくさんありますよ。」(ちょうどインタビュー中にも女性のお客様がお買い物)

cap2 cap5

(左)このチェーンステッチミシンでないとヴィンテージジーンズの裾上げはできない!らしい。「触ると波波した線ができるんですよ」
(右)ハリウッドランチマーケットの子供用Tシャツはお子さんが着ていたもの。 隣はニール・ヤングのポートレイト。

- なにかおすすめのアイテムはありますか?

「 ちょうど30周年だしウチでオリジナルの五分丈スウェットを作りました。 こういうのも全部自分一人でやってるから大変でね~。あとうちの店のセールスポイントとしてはさっきも出た けど、ジーンズのリペア。うちで買ってもらったものなら無料で、しかも半永久的に面倒見させてもらいます。 他店のものでも他のところと比べても格安でやってます。」

- 最後に何か恵文社一乗寺店のお客様にメッセージを

「 そうですね、狭くて入りにくい店に思われるかもしれないけど、気楽に入ってもらって、世間話でもしてもらえれば。こんな気さくな人がやってるんだと知ってほしいですね。一乗寺の独特の空気を味わいに来て下さい。」

毎日毎日ご挨拶する仲でありながら意外にもこんなにゆっくりお話ししたのは初めて。聞いてみるとやはり店に歴史ありというか、これだけ長く続いてきた店ならではの個性や空気感が感 じ取れました。インタビュー中にも たくさんの常連さんが藤岡さんとお話にやって来ては中断し、というなんだか緩くも楽しいムードが満開。これからお昼休みがてらにでもちょくちょくお話ししに行こうかと思います。

(堀部)


*1 現在寺町、梅田他に支店を持つ京都発の老舗セレクトショップ。 京都っ子なら誰もが知るこのショップのルーツがキャプテンさんなのです。
*2 つい先日までは当店とキャプテンさんの間にあったケーキ屋さん。惜しまれつつも2006年4月に閉店。
*3 当店向かいにある会員制スポーツジム。
*4 インタビューにもあるように1988年まで当店向かいにあった映画館。小さいながらもその上映企画は素晴らしく、多くのファンが存在した。
*5 アンプのメーカー。ロックと言えば、のスタンダードブランド
*6 アメリカ、ボルチモア出身のロックミュージシャン。とにかくザッパ自身がジャンルとも言える幅広い音楽性と前衛性を兼ね備え、カルトなファンが多い。

cap4
おすすめアイテム(一部)
左) 30周年記念 五分丈スウェット8190円 右) ジーンズ23940円

cap9

cap11キャプテン
京都市左京区一乗寺払殿町10
(当店西隣、徒歩10秒、そして同じ住所です!)
TEL 075-711-3905
AM11:00-PM8:00(水曜定休日)