今週の新入荷 7月第3週

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Tumblr0Share on Google+0

台風の列島接近を前にして猛暑日が続きます。熱中症対策に充分な水分と栄養補給と、それから活字を。カッカして煮詰まった頭には、軽い読み物がいちばんの滋養です。それでは今週も当店新入荷書籍をご紹介。まずはこちらから。

lb_min012_4
ノスタルジックでかわいらしい手づくりの豆本を制作される星月夜工房さんより、グリム童話シリーズが届きました。写真のものはおなじみ「赤ずきん」。2.5cm×3.5cmの極小サイズといって侮るなかれ。ハードカバーに糸綴じ、角背と、通常の上製本とまったく同じ仕上がりです。しかも表紙はシルクサテン貼り、タイトルが箔押しされた芸の細かい一冊。もちろん本文は一字一字くっきり印刷され、ページが非常にめくりやすいのが特長です。読むさいにはこちらのルーペが便利です。
その他の豆本ラインナップはこちらから。

IMG_0478
「食」にかんする雑誌は多々あれど、その営みの根源についてここまで深く掘り下げたものは多くありません。2013年創刊の『PERMANENT』は、震災以後のこの国で、食べることの意味を、大切さを、そして楽しさを改めて真正面から考えさせるミニマガジンです。最新第7号では、福岡を拠点に活動する「こどもカフェ」を紹介。お子さまお断りのレストランが多いなか、単に行儀作法を躾けるのではなく、職場体験を通して子どもたちにレストランという場所について理解を深めてもらうユニークな試みを取材しています。すべては格好良いレストランデビューのために。

lb_lit_oth103_5
イラストレーターのみやしたゆみさんが、部数限定で発行するリトルプレス『yohaku to hibi to』。飾らず美しい写真と言葉とがさりげなく寄り添った芸術品のような一冊です。こちらは今年3月にできた「フユビヨリ」号。およそ冬にまつわるあれこれを独自のセンスで編集し、たのしく紹介しています。例えばヨーロッパの冬だけにつくられる特別なチーズ、モン・ドール。例えば編物作家、那須早苗さんの手編みミトン。心躍るこれらが、新雪のごとくまっ白の冊子へ丁寧に綴じられています。ページを繰れば変化してゆくこだわりの洋紙など、手の込んだ造本も魅力です。

(保田)